まつ毛が眼に刺さるのは病気?

まつ毛が眼に刺さるのは病気?

上のまつ毛は上向きに、下のまつ毛は下向きにこうなっていれば何の問題ありません。ただ、これが逆になるとまつ毛が眼に刺さることもあり危険です。これは逆まつげという、れっきとした眼の病気で手術が必要になる場合もあります。

 

逆まつげはまつ毛が眼球の方向へ向かって伸びてしまう症状です。眼球に刺さることで、角膜(黒目)に炎症を起こしたり、視力低下の原因にもなります。目へ異物感、痛み、あるいは涙目になりやすいなどの症状がある場合は逆まつげを疑ってください。

 

逆まつげになる原因はいくつか挙げられます。まず、まつ毛自体が眼球に向かって生えてしまう場合と、周辺の皮膚が眼球に向かってしまう場合です。まつ毛自体が眼球に向かって生えてしまうタイプを睫毛乱生(しょうもうらんせい)と言います。

 

睫毛乱生の原因は主に後天性なものです。まぶたの周辺で起きた炎症、まぶたの近くに生じた怪我の影響などです。これらによって、毛根の方向が変わり逆まつげになってしまいます。

 

まつ毛周辺の皮膚が眼球に向かってしまうタイプは眼瞼内反(がんけんないはん)と言います。眼瞼内反の原因は先天性のものと後天性のものがあります。先天性のものは乳幼児に多く、生まれつき瞼が膨らんでいたり、瞼の形状が眼球に向かっていたりします。

 

後天性のものは主に老化原因です。加齢により、瞼の周辺の皮膚がたるみ眼球側に食い込んでしまう。あるいは、瞼を支える筋肉のバランスが崩れて、瞼自体が眼球側に食い込んでしまうこともあります。自分で逆まつげを抜くと症状が悪化する恐れもあるので、まずは診察を受け、専門医の支持を仰ぎましょう。